ピニトールサプリメントの口コミ効果と妊活不妊に効く根拠

ピニトールサプリメントの口コミ効果と妊活不妊に効く根拠

今、ピニトールという成分がとても注目されています。
ピニトールは糖尿病の治療にも使われていますが、研究により不妊にも効果があると分かってきました。
この記事では、ピニトールサプリメントのおすすめ商品と口コミ、妊活・不妊に効果のある根拠についてお伝えします!

 

ピニトールとは?


ピニトールとは、大豆などマメ科の植物に含まれているビタミンB群の一種です。
血糖値を下げる働きがあることから、植物性インスリン様物質と呼ばれ、糖尿病の予防や改善、肥満の解消にも効果を発揮します。
また、近年の研究では多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にも改善効果があるとされ、注目が集まっています。
日本ではまだピニトールの効果は広く知られていませんが、すでに海外では不妊に悩む女性がサプリメントとしてピニトールを摂取することは一般的なことになっています。

 

ピニトールが含まれる食べ物とは?


ピニトールは、1日に180~1200mgが摂取量の目安とされています。

摂取量にかなりの幅があるのは、ピニトールが水溶性ビタミンの一種だからです。
水溶性ビタミンは汗や尿と一緒に体外へ排出されやすいので、摂りすぎたとしても健康面で大きな心配はいりません。
しかし、体内に蓄積がされず日々排出されてしまうため、毎日積極的に摂取する必要がある成分とも言えます。
では、仮に300mgのピニトールを摂取する場合は、何をどれだけ食べれば良いのでしょうか。
下記にピニトールが含まれている代表的な食品を列挙しました。

 

大豆製品

大豆なら約500粒、豆乳なら約800mlを飲むと1日の推奨量に達することができます。
ただ、同じ大豆製品でも納豆にはピニトールがほとんど含まれていません。
納豆が発酵する際に、納豆菌によってピニトールが分解されてしまうからです。
大豆や豆乳だけでピニトールの推奨量をクリアするのは、とても難しいと言えるでしょう。

 

ルイボスティー

美容や健康に効果が抜群なルイボスティーにも、ピニトールが含まれています。
しかし、推奨量をクリアするためには約100杯ものルイボスティーを飲まなければなりません。
水代わりに摂取したとしても、1日10杯程度が限界ですので、こちらも現実的とは言えません。

※しかしながら、ルイボスティーにはSOD酵素が含まれており、卵子の老化を予防する働きがある為、妊活にはおすすめのお茶です。詳しい解説はこちらのブログでご紹介しています。(※体外受精で妊娠した管理人の体験記

 

アイスプラント

プチプチとした食感とほのかな塩味がする野菜で、ヨーロッパでは古くから愛されてきた食材です。

大豆の約8倍、ルイボスティーの約30倍のピニトールが含まれています。
しかし、推奨量を摂取するには1日で250gも食べる必要があります。

また、日本ではまだ流通量が少なく値段も高いため、毎日続けるのは難しいと言えるでしょう。

 

このように、ピニトールが含まれている食品や含有量はとても少ないため、食べ物だけで推奨量を摂取するのはとても困難です。
そのため、ピニトールを無理なく摂取するにはサプリメントをおすすめします。

 

 

ピニトールの効果と効く根拠とは?

ピニトールの効果①不妊治療・妊活の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効く理由

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は生殖年齢の女性の5~8%の女性に見られる疾患で、不妊原因の20%もの割合を占めています。
この疾患には、月経周期の乱れ、ニキビが多い、声が低くなる、体毛が濃くなる、肥満などの自覚症状が見られます。
一般的に生殖年齢を迎えた女性は、一周期に一度、成熟した卵胞が卵巣から飛び出し排卵が行われます。
排卵が行われるためには、卵胞を20mmほどの大きさにまで育てる必要があります。

 

しかし、PCOSの場合は卵胞を十分に育てることができず、10mmほどで成長が止まってしまうのです。

すると成長しきれなかった卵胞は卵巣内に溜まっていき、次の周期に質の良い卵子を育てる妨げになる…という悪循環が生まれてるのです。

 

PCOSの原因は?

PCOSが起こる原因は様々な説があるため、はっきりとした理由はまだ分かっていません。
しかし、現在のところは内分泌異常、あるいは糖代謝異常などが原因で起こると考えられています。

 

・内分泌異常
卵胞の発育は、脳下垂体からでるLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)という2つのホルモンに促され行われます。

しかし、PCOSはこのうちLHの分泌が異常に増えてしまい、FSHとのバランスがとれなくなり、卵胞の発育が妨げられていることが分かりました。

卵胞がきちんと発育・成熟し、ある程度の大きさにならなければ排卵は起こりません。

結果的に、排卵をさせようとさらにLHの分泌が増えるため、ホルモンバランスの乱れがますますひどくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

・糖代謝異常
近年の研究により、PCOSはインスリンと深い関連があることが分かりました。
インスリンとはすい臓から分泌されるホルモンのことで、血糖値を下げる働きがあります。
PCOSの症状の一つとして、血中のインスリン濃度が通常よりも高いという特徴があります。
インスリンには男性ホルモンを産生す働きがあるため、卵胞の発育が妨げられてしまうのです。

 

ピニトールが不妊・PCOSに効く理由

ピニトールには、体内のホルモンバランスを正常化してくれる働きがあります。
増えすぎた男性ホルモンを正常値に戻すことで、卵胞の発育と排卵を促してくれます。
また、ピニトールは植物性インスリン様物質とも呼ばれており、インスリンと同様に血糖値を下げる働きもあります。

インスリンを過剰が分泌されると、男性ホルモンまで伴って産生されてしまいます。
ピニトールがインスリンの代わりに血糖値を下げてくれることで、結果的に男性ホルモンの増加も抑えてくれるのです。
アメリカでは不妊治療の一環としてピニトールが含まれる処方薬が出されたり、不妊に悩む女性がサプリメントとして日常的に摂取したりすることは一般的なことです。

日本ではピニトールを使った治療はまだ広く行われていませんが、不妊に悩む女性に向けピニトールサプリが多数のメーカーから出されています。
ピニトールサプリの効果や口コミについては、後ほど詳しくお伝えしていきます。

 

ピニトールの効果②ダウン症の子供が生まれる確率が改善される?多くなる?

ダウン症は先天性の障害の一つで、卵子または精子の生成時、もしくは受精卵の発育初期の分裂異常により起こります。
健康な20歳の女性でも1/1667の確率で発症し、全体ではおよそ1000人に1人がダウン症児としてこの世に生を受けます。
残念ながら、現在の医学ではダウン症のリスクを完全に回避することは難しい現状にあります。
では、ピニトールの摂取は、ダウン症の子供が生まれる確率を軽減できるのでしょうか?
現在の研究では、ピニトールがダウン症の発生率を下げる、という明確な根拠は出されていないようです。
ピニトールの効果は、あくまでも男性ホルモンを正常化して卵子が発育できる体をつくること、周期ごとの排卵を促すことです。

しかし、ピニトールを摂取することでダウン症児が生まれるリスクが高くなる、といった副作用も報告されていません。
まずは妊娠できる体をつくるための第一歩として、月経周期を整える、排卵をがきちんとできる、ということを目標にピニトールサプリを摂取することをおすすめします。
また、ダウン症児のリスクを下げるための体づくりを同時に行いたい場合は、葉酸の含まれるサプリを摂取すると良いでしょう。

葉酸を十分に摂取すると、染色体のコピー複製に必要な栄養素が補給され、先天性異常のリスクを下げることができます。
後ほど、ピニトールと葉酸が含まれたサプリもご紹介しますので、参考になさってくださいね。

 

 

ピニトールの効果③早期閉経に効く?

閉経は、45歳~55歳くらいまでの間に起こるとされています。
徐々に月経の間隔が長くなるとともに、経血の量が低下していきやがて閉経を迎えます。
日本産科婦人科学会では、閉経が43歳未満までに起こることを早発閉経(早期閉経)と定義づけています。
20代の女性では1,000人に1人、30代では100人に1人が起きると言われており、その原因は多岐に渡ります。
月経が来ないことを無月経といいますが、こちらは卵巣の機能が休止しているだけで、回復する見込みが十分あります。

 

そして無月経の場合には、ピニトールがホルモンを整え排卵を促す効果が期待できます。
しかし、早期閉経は卵巣機能が完全に停止しているため、自力での改善は非常に困難です。

 

また、放置しておけばおくほど改善が困難になるため、早い段階での治療が不可欠となります。
早期閉経を迎えてしまうと、卵巣の機能を回復させるために病院でのホルモン治療などを行うしかありません。
月経が定期的に来ない状態が続いていたら、まずは病院へ行ってその原因を明らかにしましょう。
必要であれば病院での治療を行い、ピニトールを補助的に飲みながら機能の回復を待つことが一番です。

 

 

ピニトールの効果④血糖値を下げる働きがある?

前述の通り、ピニトールは植物性インスリン様物質と呼ばれており、血糖値を下げる働きがあります。

生活習慣病が引き金となる2型糖尿病の場合、インスリンの抵抗が高まっているため、血糖値が下がりにくくなっている状態にあります。
ピニトールにはインスリンの機能を高める働きがあるため、糖をエネルギーとして代謝する手助けをしてくれるのです。
また、ピニトールには肥満を改善する効果もあります。

血液内の糖は体内に取り込まれずに蓄積していくと、やがて脂肪となり脂肪細胞に蓄えられていきます。
ピニトールがインスリンの機能を高めることにより、糖が脂肪へ変化する前に代謝を促してくれます。
結果的に、肥満の解消へとつながっていくのです。

 

 

ピニトールの効果はなしでした?反論の学説とは

「ピニトールは不妊に効果なし」という口コミも多数みられます。

 

もちろん、不妊の原因は多岐に渡るため、効果のある方もいれば、効果がない方も存在することは事実です。
しかし、アメリカではすでに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にはピニトールの成分が有効であると実証されており、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも登録されています。
FDAとは、国民の安全を守るために、あらゆる製品に安全性と有効性があるか判断・登録を行っている機関です。
ピニトールは、その効果が客観的にも認められると判断されたので、登録が行われたのです。
では、登録される判断基準の一つとなった、アメリカでの臨床研究の結果をご紹介します。

 

研究が行われたのは、アメリカヴァージニア州の医科大学院。
実験の対象は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性44人です。

Aグループの22人に対しては、8週間カイロイノシトール(ピニトールが体内で変化した物質)を毎日1,200mg投与。
Bグループの22人には、偽薬であることを本人には知らせずに投与。
結果として、Aグループは男性ホルモンのテストステロンが減って、22人中19人が排卵という驚くべき結果が出たのです。
実に86%もの女性に効果があったことになります。

まだ研究が始まったばかりのピニトールですが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で悩む女性にとっては試す価値が十分にあると言えます。

 

ピニトールの副作用は危険?

ピニトールを摂取すると副作用はないのか?危険はないのか?
口コミで取り上げられている項目について、一つずつ検証していきたいと思います。

 

ピニトールの副作用 ~冷え症になる?

妊活をされている方にとって、体の冷えは大敵であることは周知の事実ですよね。
では、ピニトールには体を冷やしてしまうような副作用はあるのでしょうか。
調べてみたところ、ピニトールは冷え症を悪化させるどころか、冷え症を改善してくれる働きもあることが分かりました。

 

ピニトールの効果として、糖尿病の改善効果があることは前述の通りです。
そして、糖尿病の初期の症状として、足先の冷えがあります。

 

糖尿病になると、体内の血液は過度な糖でドロドロになり血流がとても悪くなります。
すると心臓から最も離れた足先まで酸素が運ばれなくなり、夏場でも足が冷えてしまうようになるのです。

ピニトールは糖の代謝を促進する働きがあるため、体内の血液の状態を改善してくれます。

冷え症が改善されることにより、子宮にも新鮮な血液と栄養が運ばれるようになるため、妊娠しやすい体の状態へと整えてくれるのです。

 

ピニトールの副作用 ~排卵障害を悪化させる?

ピニトールには、排卵障害を改善して周期的な排卵を促す効果があります。
では、ピニトールが排卵障害を悪化させる可能性はあるのでしょうか。
結論としては、ピニトールにはそのような副作用は現在のところ確認されていません。
ただし、糖尿病の治療で血糖値を下げる薬を服薬中の方や、ホルモンバランスを整える薬をすでに摂取されている方は注意が必要です。

 

医師に相談の上、治療の補助としてピニトールサプリを併用することをおすすめします。

 

 

ピニトールの副作用 ~腎臓の機能を低下させる?

腎臓には、血液中の不要物をろ過し排出させる働きがあります。

仮に血液中の血糖値が高い状態が続くと、腎臓にとても負担がかかります。
糖尿病の合併症の一つとして腎臓の病気がありまあすが、最悪の場合透析が必要となることもあります。
しかし、ピニトールには血液中の糖分の代謝を促進することで腎臓の負担を軽減してくれる働きがあります。

 

また仮にピニトールを余分に摂取したとしても、汗や尿としてそのまま排出されるため、腎臓に負担をかけることはありません。
ここまで、ピニトールで懸念されている副作用にはどんなものがあるのか、ご説明してきました。
基本的には、ピニトールには副作用はないと考えていただいて問題ありません
しかし、どんなに有効だと言われている成分も、過剰摂取は健康に害を及ぼす心配が全くないとは言えません。
ピニトールサプリを使用する際は、用法・用量を守るようにご注意ください。

 

 

ピニトールが含まれるサプリメントと効果の口コミは?嘘ってホント?

では、ピニトールが含まれるサプリメントをいくつかご紹介します。
それぞれのサプリの特徴や口コミもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

ベジママ



>>【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』

価格:2,750円(税込)
1日量4粒で、ピニトール260mgを摂取することができます。
もちろん、健康で元気な赤ちゃんを産むために欠かせない葉酸が400㎍配合。
さらに、ママの健康や美容にも欠かせないルイボスが配合されています。
自社工場で栽培した植物を使用しているため、自然化で育成されたものよりも安全性が高く、放射性物質などの心配もありません。
毎日続けるものなので、高品質かつ低価格を徹底的に追求して作られています。
クチコミはこちら!

わたしは去年32歳での妊活の時に飲みました。
他の葉酸サプリに比べて臭みも弱くて飲みやすかったです。赤ちゃんにもめぐまれましたし!

 

私は、ベジママを実践して3か月目で妊娠できました。
不妊治療も1年近く続けていましたが、それと共にこのベジママを実践していました。
わたしの中ではこのベジママも妊活のサポートになっていたような気がします。
妊活サプリの中では飲みやすくておすすめです!

 

粒は小粒で緑色。匂い、味がしてあまり好みではありませんでした。

他のサプリと比べると、小粒で飲みやすいという意見が多く見られました。
また、「飲み始めて3か月目で妊娠できた」、「基礎体温が安定し、排卵するようになった」という意見も。
妊活サプリとしての効果や、飲みやすさについて高い評価を得ています。
しかし、「薬草のような匂いや味が感じられて、飲むのに少し抵抗があった」、という口コミもありました。

 

 

ママナチュレ葉酸シリーズ



>>ピニトール配合【ママナチュレ葉酸サプリ】

価格:3,980円(税抜)
1日量たった3粒で、ピニトール300mg、葉酸400㎍を摂取できます。
さらにホルモンバランスを整える働きのあるマカや、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が配合。
その他、鉄分、ルイボス末、ザクロエキスなど栄養満点。26種類ものビタミンミネラルも含まれているため、ビタミン剤などと併用しなくてもいいのが嬉しいポイント!
ママと赤ちゃんの健康を、トータルでサポートしてくれます。

 

クチコミはこちら!

葉酸サプリメントを購入するなら絶対にピニトールが配合されているものにしようと以前から考えていました。
私は海外で生活していたことがありますが、向こうでは当たり前のように知られているピニトールが、日本ではあまり耳にしない事実に驚き、周囲の友人たちには積極的に勧めるようにしています。

 

主人と結婚してから12年。
なかなか子供を授かることができず、子供のいない人生もそれはそれでしょうがないかとあきらめかけていた時に出会ったのがママナチュレの葉酸サプリです。
ピニトールが配合されているということもあり始めてみたのですが、今から2年前ちょうど40歳の誕生日を迎える目前に妊娠が発覚しました。
私も主人もとても驚き、泣いて喜んだのを覚えています。
授乳中の今も健康維持のために続けて飲んでいます。
このサプリメントは品質にもこだわり抜いているため、妊娠中でも安心して飲めるのが嬉しいです。

 

「妊活にはもちろん、妊娠時の栄養補給のためにも続けている」、という口コミが多く見られました。
不妊症でお悩みの方や、不妊治療中の方のブログでも、おすすめサプリとして紹介されています。
粒は小さめで、飲み易さにもこだわっていると評判です。

 

 

アグリ生活「グラシトール」

>>楽天最安値はコチラ<<

>>Amazon最安値はコチラ<<

※送料込みだと5000円前後が最安値でした。確認時点では両方とも同じ価格でしたが、日によって価格が違うので、購入の際にどちらも確認されるのが一番いいかと思います。

 

1日量6粒に、ピニトールが約300mg配合。

 

完全無農薬で栽培したアイスプラントを使用しており、50項目もの品質チェックをクリア。
第三者機関が行った成分調査の結果も公開しており、安全性と品質に徹底的にこだわっています。
こちらの商品は、Amazonや楽天でも購入が可能です。
クチコミはこちら!

病院に行って初めて多嚢胞性卵巣症候群の体質と言われ、
インスリンの抵抗性について自分なりに調べて
購入しました。
グリスリンが高いので、こちらに切り替えたのですが。
生理不順がすごく改善されたように思います!
いつも60日周期なのが。
半分に短縮されそうで、気に入ってます。

 

排卵障害の為、飲んでいます。
今2袋目ですが、今回は卵胞の育ちが良かったです。しばらく続けてみたいと思います。

糖対策にまだ実感は有りませんが、アイスプラントが手に入らないので、しばらく続けていきたいと思います。もうちょっとお安ければ。

 

不妊治療をされている方や、月経周期が長く安定しない方に効果が見られているようです。
糖尿病の予防の一環として飲んでいる方も多く、健康診断での血糖値が改善されてきた、という口コミも。
値段が高いため、続けるのに大変だという意見も見られました。

 

 

まとめ

ピニトールの効果と妊活、特にPCOSへの効果についてご紹介させていただきました。私自身もPCOSと診断され、排卵誘発剤や体質改善などを行い、最終的には体外受精で妊娠することができました。

 

PCOS&原因不明不妊!30歳で体外受精で妊娠した管理人の体験記はコチラ)

 

不妊専門院へ通いながら感じたことは、女性の体は本当にデリケートなもので、体調のコンディションを整えること、そしてピニトールや葉酸、ルイボスなど妊娠するための体づくりに必要な栄養素は必ず整えることが必要です。

 

少しでも不妊治療で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

P.S.最近、飲む日焼け止めサプリのホワイトーンを飲んでいます。成分にルイボスやブラトニングパインなどお肌の紫外線ができるメカニズムの活性酸素を抑制してくれる成分が入っているんです!忙しくて日焼け対策をできない方に、飲むだけ簡単!60%も紫外線を防衛する飲む日焼け止めサプリホワイトーンの詳細はこちら!